ご挨拶

アクティブ・ブレイン協会 会長


小田 全宏


おだ ぜんこう

株式会社ルネッサンス・ユニバーシティ 代表取締役社長
NPO法人日本政策フロンティア理事長
認定NPO法人富士山世界遺産国民会議の運営委員会委員長
小田全宏オフィシャルサイト

一人ひとりが素晴らしい存在

「最近の生徒にものを憶えさせるのが大変だ」
今から約15年前、とある高校の先生が言ったこの一言から始まったアクティブ・ブレイン。

この言葉に限らず、「私は記憶力が悪い」「才能がない」「無理」「できない」と、自分の能力に限界を感じている方は多いのではないのでしょうか。
しかし私は、"脳の使い方さえ変えれば、結果はいくらでも変わる"という信念を持っています。

"脳の使い方"つまり、物事への考え方と取り組み方さえ変えれば、勉強も仕事も音楽もスポーツも人間関係さえも...あなたが「やりたい!」と思ったことはきっと実現していくことでしょう。

2004年にアクティブ・ブレインが誕生して以来、これまでに3万人以上の受講者が、脳の使い方を知り、自信を持って新たなスタートを切りました。

私たちのもとには毎日のように「アクティブを受けて合格しました!」「人生が変わりました!」と、喜びの声がたくさん寄せられています。

アクティブ・ブレインを通し、一人でも多くの才能が輝き、それとともに、自分という存在の素晴らしさを知り、夢を実現することができますように、熱き講師陣と共に、これからも全力で活動して参ります。

どこかの会場で皆さまとお目にかかれることを心より楽しみにしております。

2019年4月

経歴

1958年
彦根市生まれ。東京大学法学部を卒業後、(財)松下政経塾に入塾。
松下幸之助翁指導のもと、一貫して人間教育を研究。
1991年
株式会社ルネッサンス・ユニバーシティを設立。
多くの企業で「陽転思考」を中心とした講演と人材教育実践活動を行い好評を博す。
1996年
リンカーン・フォーラムを設立し、全国で立候補者による<公開討論会>を実現させる。
京セラの稲盛和夫名誉会長を最高顧問に迎え、NPO法人「日本政策フロンティア」を設立し、理事長を務める。
2004年
「アクティブ・ブレイン」スタート。
記憶法と人間学が融合した講座が好評を博す。
2005年
認定NPO法人「富士山世界遺産国民会議」設立。
運営委員長として世界遺産登録に尽力する。
2007年
3月、サントリーホール小ホールにてフルートリサイタルを開催。その後作曲もてがける。
2008年
「アクティブ・ブレイン協会」設立と同時に、ベーシックコース専任「認定講師制度」スタート。
2011年
2月、サントリーホール大ホールにて、自作の交響組曲「大和」をオーケストラの演奏で指揮をする。
2013年
6月22日、ユネスコ第37回世界遺産委員会にて富士山が世界遺産に正式決定。
2016年
アクティブ・ブレイン協会認定、100人目の講師が誕生。
2019年
アクティブ・ブレイン協会15周年。
ベーシックコース受講者は35,000人を超えた。